生活習慣の改善で乾燥肌を防ぐ

生活習慣の改善で乾燥肌を防ぐ

乾燥肌に悩む人の中には、原因が分からないという人も多いのではないでしょうか。

化粧品やお手入れ方法を変えるなど、食生活にも気をつけているのに、なぜか乾燥肌が

改善されないという人は、生活習慣そのものを見直してみましょう。生活習慣の改善で、

お肌の乾燥を防ぐことができるかもしれません。

自分の生活に肌荒れの原因などないと思っている人でも、忙しい日常の中で

睡眠や運動が不足していることはよくあります。睡眠不足や運動不足の人は、

肌荒れの大きな原因となっている可能性が高いです。

と言うのも、肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に働くためには、

規則正しい睡眠やある程度の運動が不可欠だからです。

 

肌のターンオーバーを活発させる

睡眠に関しては、午後10時から午前2時の間がお肌のゴールデンタイムと呼ばれており、

この時間に眠ることが美肌を作ると言われています。と言うのも、

この時間はお肌のターンオーバーが最も活発な時間であり、

この時間に睡眠をしっかり取ることで、お肌がいきいきと生まれ変わるからです。

そのため、夜型の生活をしている人は、睡眠時間の多少にかかわらず

肌が荒れやすい傾向にあると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

社会人の場合は10時に寝られることなどなかなかないのが現状でしょう。

そこで、12時までには就寝するなど、なるべくゴールデンタイムに睡眠を

取れるように心がけることで、乾燥を防ぐことができます。

乾燥肌の改善には、睡眠以外にも運動で汗をかくことも有効です。

運動ができない場合は入浴で汗をかいてもいいでしょう。

汗をかいて新陳代謝が上がることで、お肌が潤いを取り戻し、乾燥を防ぐことができます。