乾燥肌と保湿

健康な状態のお肌は、水分をたっぷり含んでいるのでしっとりと潤っています。

逆に乾燥肌は水分が足りない状態なので、肌表面が乾燥してカサカサしています。

乾燥肌はあらゆる肌トラブルの原因となりますから、日頃から乾燥を防ぐための

ケアを習慣にすることが大切です。

乾燥対策というと冬になってから慌てて始める人が多いようですが、できれば年間通して乾燥を

防ぐよう心がけるのが理想です。

 

たとえば湿度の高い夏場は乾燥を気にせず過ごしてしまいがちですが、紫外線で焼けたお肌は、

ケアをしないとあっという間に乾燥してしまいます。また冷房の効いた部屋も乾燥していますから、

日常的に乾燥対策を取らないと、乾燥肌を招いてしまいます

乾燥を放置したまま冬を迎えてしまうと、カサつきだけでなくかゆみや痛みを伴うこともあります。

また女性の場合、粉が吹いてお化粧がうまく乗らなくなってしまうこともあります。

 

潤いはお肌を外的刺激から守る

お肌の乾燥は季節や体調によって時折現れる症状のため、軽く考えられがちです。

しかしこれを放っておくと乾燥が進み、シワやシミの原因にもなるということをご存知でしょうか。

潤いはお肌を外的刺激から守るものですが、この潤いが足りない乾燥肌は、刺激に弱い状態にあります。

つまり健康なお肌であれば刺激にならないことでも、乾燥肌には刺激となってしまい、

シワやシミにつながることがあるのです。

お肌の乾燥を防ぐには、とにかく保湿を徹底して行うことが重要です。朝晩の洗顔後はもちろん、

日中も乾いてきたなと思ったらすぐに保湿をするよう心がけましょう。